翻訳

【2021年最新】おすすめの翻訳コンテスト厳選3選を紹介!実力試しをしてみよう!

「自分にどれだけ翻訳のスキルがあるか実力を試したい」

翻訳の勉強していても、本当にスキルが身に付いているのかよくわからないという人は少なくないのではないでしょうか。何かしら勉強の成果物がほしいですよね。

案件を取ったり、トライアルを受けたりするという選択肢もありますが、気軽にできるものではありません。

そんな方には翻訳コンテストがおすすめです。

翻訳コンテストは気軽に受けることができて、賞金や表彰をもらえます。場合によっては案件獲得につながるものもあり、一石二鳥です。

本記事では、これから翻訳者を目指す人向けにおすすめの翻訳コンテストを厳選して紹介していきます。

おすすめの翻訳コンテスト

本章では、おすすめの翻訳コンテストを厳選して紹介していきます。

アメリア


アメリアは、翻訳ネットワークサイトとして数々の案件紹介や翻訳学習の場を提供しているサイトです。

コンテストやトライアル、トライアスロンといった翻訳力を試すイベントを複数開催しているので、紹介させていただきます。

スペシャルコンテスト




アメリアのスペシャルコンテストは、トライアル課題が予め公開されたうえで求人が募集されます(通常は書類選考通過者のみ)。

過去に多くの企業や団体が募集していて、実際に本コンテストをもとに出版された本はたくさんあります。公式ページにてその公開実績を見れるのでチェックしてみてください。

どんな人にもチャンスがありますから、翻訳スキルに自信があるという人はぜひ応募してみることをおすすめします。

定例トライアル


定例トライアルはアメリアが毎月さまざまなジャンルで実施している翻訳のテストです(応募料1,650円)。

このトライアルですぐ仕事がもらえるというものではないですが、一定の成績以上だと「クラウン会員」に認定され、アメリア経由で案件を獲得しやすくなります。

[box02 title="「クラウン会員」特典"]・翻訳実務経験がなしでも、アメリアの求人のうち経験者対象の案件に応募可能
・プロフィールに「クラウン会員」である証の王冠が表示され、「会員スカウト」にてご利用企業・団体からのスカウトの可能性が高くなる
・毎年初めて応募する定例トライアル (応募料:1,650円(税込))が無料になる
[/box02]

翻訳スキルのチェックになりますし、過去問を勉強するだけでも実務翻訳のスキル向上が期待できます(アメリア会員は無料で閲覧可能)。

実績が少ない場合も、案件獲得の可能性を上げることができるので、ぜひ利用してみましょう。

翻訳者ネットワーク「アメリア」

翻訳トライアスロン

翻訳トライアスロンは、出版・映像・実務の3種目の英文課題を日本語に翻訳するイベントで、毎年夏に開催されています(応募料は何種目応募しても3,300円(税込))。

こちらも定例トライアルと同様に成績優秀者は「クラウン会員」(96点以上)として認定されます。

その他以下の特典も用意されているようです。

種目賞 各種目1位:Amazonギフト券1万円
種目ジャンプアップ賞:Amazonギフト券5千円
※各種目の得点が前年度から最もアップした方が対象となります。
完走ジャンプアップ賞:2022年中に開催されるフェロー・アカデミーの録画配信講座からお好きな1講座

採点も現役でプロの翻訳家がおこなってくれるので参考になるはずです。

クラウン会員になれば案件を取りやすくなるので、定例トライアルと合わせて応募してみることをおすすめします。

ご利用企業数600社以上 年間の求人件数1,500件以上 翻訳の仕事探しは「アメリア」★抽選で情報誌『Amelia』3冊やホットアイマスクプレゼント!

[box06 title="あわせて読みたい"]翻訳のアメリアを評判や口コミと併せて現役翻訳者が徹底レビューしてみた!
[/box06]

JAT新人翻訳者コンテスト


JAT新人翻訳者コンテストは、日本翻訳者協会(Japan Association of Translators)が年1回開催している新人翻訳者向けのコンテストです(応募料は無料)。
応募資格も以下の通り経験年数によって制限されてます。

実務翻訳(放送・映像翻訳、出版翻訳、社内翻訳も含む)経験が通算で3年未満の方(JAT会員・非会員は不問、過去のコンテストへの応募者も入賞者以外は応募可、翻訳を勉強中の方や学生の方も歓迎です!)
※上記は2020年度開催時の応募条件

例年10月頃にコンテスト開催のアナウンスがあり、そこで実施要綱や課題文が公開されます。

受賞者への特典は以下の通りです。

・次回IJET(英日・日英翻訳国際会議)参加費
・自宅から次回IJET開催地までの交通費(航空運賃、電車賃等)
・IJETの開催地またはその最寄りのホテルの宿泊代(3泊分、スタンダードルーム)

⇒JAT新人翻訳者コンテスト公式サイト

通訳・翻訳ジャーナル「誌上翻訳コンテスト」


通訳・翻訳ジャーナルとは、翻訳業界や翻訳で仕事を獲得するノウハウなどについて広く話題を扱っている雑誌です。

通訳・翻訳ジャーナルでは、2月・5月・8月・11月の毎号で「誌上翻訳コンテスト」なるコンテストを開催してます(応募料は無料)。

賞品は以下の通りです。

最優秀賞(1名):賞金3万円
優秀賞(2名):賞金1万円

通訳・翻訳ジャーナルは、これから翻訳者になりたいという人向けに参考になる情報をたくさん載せてます。

「通訳・翻訳ジャーナル」では毎号、こんなテーマを扱っています!
仕事を獲得するためのノウハウ→「トライアル突破法」「営業のコツ」
スキルアップのためのヒント→「辞書・用語集・検索のコツ」「日本語力強化法」
通訳者・翻訳者の実態や業界の現状がわかる→「プロの収入&料金」「通訳・翻訳業界需要動向」
力試しに誰でも参加できる→「誌上翻訳コンテスト」
実際に訳し方を学ぶ→「やってみよう 通訳・翻訳自習ドリル」
専門スクールの魅力がわかる→「通訳・翻訳専門スクールレポート」
仕事を探している人のために→「求人情報」
その他、プロの通訳者・翻訳者による多数の連載
カラーのインタビューや仕事現場レポート

参考:通訳翻訳WEB「通訳・翻訳ジャーナルについて」

未経験から翻訳者を目指している人は、ぜひ一度買って読んでみることをおすすめします。

⇒通訳・翻訳ジャーナル「誌上翻訳コンテスト」公式サイト

まとめ

今回はおすすめの翻訳コンテストを紹介させていただきました。

どれも簡単に受賞できるものではないですが、コンテストを通して、リサーチと訳す作業を丁寧におこなっていけば、翻訳スキルはきっと向上するはずです。

アメリアのコンテストのように仕事に直結するのもありますので、コンテストを翻訳者としてのキャリア作りに活かしていきましょう。

※本記事では未経験から翻訳を目指している人向けに役立つ記事を多く載せてますので他の記事も併せてご覧ください。

[box06 title="あわせて読みたい"]【初心者向け】在宅翻訳の始め方を徹底解説!【完全ロードマップ】
[/box06]

-翻訳