翻訳

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」書評レビュー

「翻訳の布石と定石が気になっている。多くの人が薦めてて良さそう。実際どんな本なんだろう?」

「翻訳の布石と定石」は翻訳の仕方を基礎から学べる本として定番の1冊となってます。

翻訳の学校もありますが、お金もかかりますし、なかなか受講まで踏み切れないのではないでしょうか。

そんな方はまず「翻訳の布石と定石」で学ぶことをおすすめします。

そこで本記事では、「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」のメリット・デメリットを詳しくレビューしていきます。

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」とは?

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」は、翻訳学校で有名なサン・フレアアカデミーの学院長も務めた岡田信弘氏が書いた翻訳本です。

長年にわたる実務翻訳の経験に基づいて書かれているため、その内容はとても信頼できるものとなっており、これから翻訳を仕事としたい人に最適と言えます。

翻訳の学習自体が初めてという人でも基礎からしっかり学べるはずです。

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」のメリット

翻訳テクニックを基礎から学習できる

本書はプロの翻訳家を目指す人向けに様々な翻訳テクニックを基礎から学べます。

受験英語のように不自然な文章の直訳ではなく、読み手にとって自然で読みやすい日本語となるような訳し方を1つ1つ丁寧に解説。

例えば、無生物主語の訳し方、訳し下げか訳し上げか、能動か受動か、別品詞で訳すなど。

受験英語や資格学習などではなかなか身に付かない翻訳のテクニックを体系的に学習できます。

これから翻訳を仕事としていきたい人はぜひ本書で翻訳の技術を習得しておきましょう。

技術翻訳の例文が豊富にある

翻訳テクニックは、技術翻訳の例文を豊富に使って丁寧に解説されてます。

化学や物理、IT、機械など、実際の産業翻訳にて需要ある分野の例文が多く、これから産業翻訳を専門とする予定の人にとってはそのまま仕事に活かせそうです。

産業翻訳のボキャブラリーを増やしたいという人とっても有益だと思います。

章末には練習問題とまとめ

各章末には練習問題が豊富にあり、学んだことをアウトプットできるようになってます。

また、「まとめ」という項目にて章で解説されたことが箇条書きで書かれており、翻訳する上で大事なポイントをチェック可能。

単に座学で終わることなく、翻訳テクニックを実践で使えるよう配慮されているなと思いました。

索引も充実している

索引は英単語だけでなく、訳し方に関しても検索できるようになってます。

翻訳作業中に訳し方に迷った場合などでも、索引を参照することで自分が探していた情報をピンポイントで見つけることができるでしょう。

Kindleとしても購入可能

本書は紙の単行本だけでなく、Kindle版も販売されてます。

スマホやタブレット、パソコンで読むことができ、外出する際も単行本として持ち運ぶ必要もありません。

外で読書したい人や翻訳の仕事をしたい人にとっては、Kindle版として購入することで、より手軽に読めるでしょう。

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」のデメリット

技術分野以外の例文が少ない

本書で掲載されている英文は理系・技術分野の文章が多く、政治や法律、ビジネスなど文系の分野は割合として少ない印象です。

そのため、文系分野での翻訳業を目指している人は少々物足りなく感じるかもしれません。

もちろん、翻訳テクニック自体は分野を問わず活かせます。

いずれにしても、専門とする予定の実務翻訳本は別途用意したほうがよいでしょう。

完全初学者にはやや難しい?

本書は基礎から応用まで丁寧に翻訳テクニックを解説してて情報量がかなりあり、翻訳業をしたいなら身につけておきたい内容ばかりです。

しかし、そのボリュームの多さゆえに、最初の1冊としてはハードに感じるかもしれません。

技術系の文章が多いという点も、理系のコンテンツが苦手な人、技術系を専門とする予定がない人にとって、1つの挫折要素になるリスクがあります。

本書は難しすぎるなと感じたら、もう少し易しめな翻訳本から読むというのもおすすめです。

「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」以外の翻訳関連本

何か翻訳本を1冊と言われたら「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」が有力候補です。

しかし、ボリュームが多く、技術分野中心で専門性が強すぎるため、人によっては難しく感じる可能性があります。

もう少し内容的に簡単なのがいいという場合は以下の本がおすすめです。

・英文翻訳術
・翻訳英文法
・翻訳スキルハンドブック
・英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル

挫折してしまわないよう自分にとって読みやすい本から始めましょう。

翻訳本については下記の記事でもまとめてますのでぜひ合わせてご覧ください。

翻訳の仕方・訳し方を学べる本おすすめ5選を徹底紹介!

続きを見る

まとめ

今回は「翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道」を紹介させていただきました。

本記事のポイントは以下の通りです。

・翻訳テクニックを体系的に学習
・技術系の実務翻訳を目指す人に最適
・章末問題や索引も充実している
・Kindle版ならスマホでも読める

翻訳に大事なスキルを網羅的、体系的に解説してくれてるので、これから翻訳の仕事をしたい人ならぜひ手元に置いておきたい1冊です。

本書で翻訳技術を学び翻訳家への1歩を踏み出しましょう。

【初心者向け】在宅翻訳の始め方を徹底解説!【完全ロードマップ】

続きを見る

-翻訳